あの人のネタ

『そうだったのか』な話

*

篠原信一徹子の部屋でシドニー柔道大誤審トーク。子供時代の写真と教育方針とは。

   

篠原信一さんといえば最近はバラエティ番組で引っ張りだこですが
本業は柔道家ですね。
スポーツ選手はスポーツではリスペクトされますが、一歩競技場を出れば
天然の性格の方が多く、面白おかしく扱われます。

そんな篠原さんが徹子の部屋に出演するということで、
篠原さんのあれこれを調べてみました。


sino
篠原信一
1973年1月23日
青森県東津軽郡平内町生まれ。
兵庫県神戸市長田区出身。
身長190cm。
現役時代の体重はなんと135kg

柔道の得意技は大外刈りです。
高校時代はそれほどでもなかったのですが、大学生の時に才能が開花し、
外国人に負けない体格と技術が持ち味。強靭なパワーによって多くの大会を制覇しました。
天理大学卒業後は旭化成に入社し、シドニーオリンピック100kg超級にて銀メダルを獲得しました。

金メダルでは!?シドニーオリンピックの世紀の誤審とは?

本当は金メダルだったのに。そんな問題がシドニーオリンピックで発生しました。シドニー五輪100kg超級決勝で、フランスのダビド・ドゥイエと対戦した際に、ドゥイエが内股を仕掛けてきたのに対して篠原は内股すかしで返した。
内股すかしとは、相手が内股を掛けるために上げた脚をかわして、その脚を上げた勢いを利用して相手の体を回転させ倒す技。
立派な技のひとつとして上げられる。
ddd
しかしこれに対して、主審はドゥイエの有効と判定。
まじか!

副審の一人は篠原の一本と判定したものの、もう一人の副審が主審の判定を支持したため、ドゥイエに有効が与えられました。
選手団監督の山下泰裕は、審判委員から審判団の再協議を申し出られたにもかかわらず、フランス語の分からない山下はそれに気づかず試合の継続を許してしまったのです。
その後、ドゥイエが注意を受けたことにより、篠原に有効が与えられ両者のポイントが並んだのですが、さらにその後、ドゥイエが再び技で有効を奪い、そのまま試合が終了。有効一つの差でドゥイエの優勢勝ち。
試合後、山下泰裕選手団監督及び日本選手一同が猛抗議したが、試合場から審判が離れた後は判定は覆らないという国際柔道連盟試合審判規定第19条によりドゥイエの優勝が確定してしましました。
日本でのNHKテレビアナウンサー・有働由美子も「今のは間違いなく篠原の一本。誤審です」と涙ながらに実況しました。
doluie

こども時代の写真を披露。

楽しみですね。こども時代は意外とかわいい顔をしていたようです。
顔の長さも人並みで。もちろん、身長も子供なので小さいわけですから、長い顔を
していたらバランス悪いですもんね。

教育方針を明かす篠原さん。

3男1女のお子様を持つ篠原さん。柔道一直線でやってきた篠原さんですから、教育方針も厳しいものなのだと思いましたが、
実際はかなり優しい模様。3人の息子は柔道をやっているのですが、篠原さんが息子達に対して指導することはなく、「顧問の先生や、道場の先生から教わりなさい」といっているようです。
また、娘さんに注意をする時は娘さんに嫌われたくないから、奥さんを通して間接的に注意をするとか。
なんだかかわいらしい一面を持つ篠原さんですね。

 - スポーツ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新日本プロレス棚橋弘至勉強しまくった時代。アメトークで全貌が明らかに。

本名 棚橋弘至(たなはし ひろし、男性、1976年11月13日)は岐阜県大垣市に …

振分親方バラエティ番組『志村動物園』で抱っこ企画。そもそも本名は?アスペルガー障害や病気の噂があるけど結婚は?

角界のロボコップとして人気者だった元高見盛の振分親方。 最近では年末の人気番組『 …